FC2ブログ
迅速かつ徹底した現場調査、施工後も安心なフォローで、地域に根ざして29年の相模原・町田のリプラス
ブログランキング・にほんブログ村へ 
           

鏡開き

20210111.jpg

鏡餅は、お正月の間、年神様の居場所。
なので、年神様がいらっしゃる松の内の間は飾っておき、
松の内が過ぎたら下げて食べ、年神様をお送りします。
鏡餅には、年神様の魂が宿っているとされるため、
鏡餅を食べることでその力を授けてもらい、1年の家族の無病息災を願います。

松の内を1月7日までとする地方では11日に、
関西など松の内を15日とする地方では15日に鏡開きを行う場合が多いようです。

祝い事の時に振舞われる樽酒のふたを割ることも、
酒樽のふたのことを「鏡」と呼んでいたからことから、
鏡開きといいます。
鏡餅の鏡開きも、樽酒の鏡開きも、
新たな出発に際して健康や幸福などを祈願し、
その成就を願うということは同じなのです。

鏡餅は、供えて、開いて、食べてこそ意味があるそうなので、
今日は、鏡餅を食べて、神様の力を授けてもらいましょう。

スポンサーサイト



リフォーム塗装相模原町田外壁屋根リプラス施工事例改修工事水まわり無料調査ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Add your comment