FC2ブログ
迅速かつ徹底した現場調査、施工後も安心なフォローで、地域に根ざして29年の相模原・町田のリプラス
ブログランキング・にほんブログ村へ 
           

水栓のぐらつきからの水漏れ

20200914.jpg

施工事例
相模原市中央区千代田 岩瀬様邸 キッチン交換・フローリング、フロアタイル貼替工事
キッチン:セリカ実業㈱ FWシリーズ・水栓:KVK シングルレバー式混合栓・フローリング:パナソニック(リビング)・フロアタイル:サンゲツ JKシリーズ(廊下)・ 他

【担当者より】
「キッチンからの水漏れがフロアにまで及んでいる」とご相談を受けました。キッチンの腐食した壁を補修し流し台部分と水栓を交換させていただきました。

詳しい施工事例はコチラ → 施工事例 

●キッチン水栓交換の目安
 キッチンに限らず水栓の耐用年数はおよそ10年と言われています。
 設置から10年を経過すると
 ・レバーハンドルが固くなり操作がしづらい
 ・ハンドルをひねると甲高い音がする
 ・吐水口や根元から水が漏れる
 ・水栓がぐらつく
 といった不具合が起きることもあります。

水栓本体や取り付け台座のビスが緩んだり、外れたりすると水栓のぐらつきが発生しますが、
根元から水がしみこんで台座が劣化した場合は、
根元から水が漏れだしたり、根元から折れたりしてしまうケースや、
台(シンク天板)と水栓金具の接着面に隙間が生じ、
シンク下に漏れた水が染み出しシンク自体を痛めてしまう原因にもなります。
このような症状が起きたときは、水栓の交換の検討をおススメします。


スポンサーサイト



リフォーム塗装相模原町田外壁屋根リプラス施工事例水まわり無料調査水栓ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Add your comment