FC2ブログ
迅速かつ徹底した現場調査、施工後も安心なフォローで、地域に根ざして28年の相模原・町田のリプラス
ブログランキング・にほんブログ村へ 
           

シーリング材の種類⑥

0910 - コピー

シーリングとは構造物の防水性や気密性、耐久性を保持するために、
継ぎ目や隙間に充填(じゅうてん)する材料の事です。
また、外壁・屋根のひび割れの補修、
部材の端末処理まで非常に広い範囲で使用されています。
このシーリング材にはいくつかの種類があります。

●1成分形と2成分形(1液型と2液型)
 ・1成分形シーリング材
  一般的にホームセンターなどでよく見かける、先端が尖った筒状のタイプ。
  缶のタイプもありますが、基本的には専用容器(カートリッジ)に入っていて
  コーキングガンを使用するものが多く、混ぜ合わせる必要がないので手間がかかりません。
  空気中(湿気や酸素、乾燥)で自然と硬化していくので、
  一般家庭・部分補修などの用途に多く使われています。

 ・2成分形シーリング材
  一般的にペンキのような缶に入っているタイプ。
  硬化剤や着色トナーを混ぜ合わせて使い、
  混ぜ合わせるにも専用の道具が必要になるため
  「1成型形シーリング材」よりも手間がかかります。
  業務用用途として多く使われています。
スポンサーサイト



リフォーム塗装相模原町田外壁屋根リプラスマンション塗料施工事例ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Add your comment