FC2ブログ
迅速かつ徹底した現場調査、施工後も安心なフォローで、地域に根ざして28年の相模原・町田のリプラス
ブログランキング・にほんブログ村へ 
           

節水トイレのトラブル

0909.jpg

節水トイレのメリットは、何といっても水道代の節約。
機種によって違いますが、
年間最大約1.5万円も節約することができるそうです。
また、多くの節水トイレは節電機能や、
少ない水で流しやすくするため
表面が滑らかな素材で作られているので、
汚れを落としやすく、
掃除が楽になるメリットも持ち合わせています。

しかし、節水トイレは、
1回で使用する水量が少ないので、
詰まりやすいのが最大のデメリットです。
節水トイレを詰まらせないようにするためには、
前提として、トイレットペーパー以外の紙を流さない、
一度に沢山流さないなど基本的なことや、
使用方法をきちんと守ることが必要です。
また、洗浄水量を多めに設定することも有効です。
そんなことをしたら節水トイレにした意味がない
と思われるかもしれませんが、
洗浄水量を増やしたとしても、
普通のトイレと比べれば水量は少なく節水はできます。
節水トイレのトラブルの殆んどは詰まりです。
一度詰まらせてしまうと
修理費で節水費用の1年分位は消えてしまいます。


節水トイレは、上手く活用すると
水道代も節約でき良いのですが、
設置には、家の立地や排水口など、
一定の設置基準をクリアしていることが必要です。
築年数が高い建物では排水管の埋設状況が節水トイレに適さない、
築年数は浅くても古い排水管を流用しているということもあります。
また、タンクのないタンクレストイレは、
トイレにつながる水道の圧力が弱いと洗浄能力も低く
詰まりやすくなるため設置できないことがあります。
メリットとデメリットを比較し、
ご自宅のトイレの設置条件を確認したうえで、
節水トイレを賢く活用されることをおすすめします。


スポンサーサイト



リフォーム塗装相模原町田外壁屋根リプラスマンショントイレリプラスLIXIL塗料ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Add your comment