FC2ブログ
迅速かつ徹底した現場調査、施工後も安心なフォローで、地域に根ざして28年の相模原・町田のリプラス
ブログランキング・にほんブログ村へ 
           

破風②

0908.jpg

破風板は、時間の経過とともに劣化します。
台風や火事といった災難を最小限に食い止めるためにも、
破風板が劣化する主な原因を知っておきましょう。

1.太陽の光
 破風板の耐久性は、一般的なもので20年ほど。
 常に紫外線を受け続けているため傷みやすい。
 破風板の部材が木質系であれば、
 その傾向はいっそう強く、特に南側に面していると、
 塗装が剥がれるなどの劣化症状が出やすい。

2.雨風による腐食
 破風板は、強風や大雨、台風の影響によっても劣化する。
傷んで塗装が剥がれた木質系の破風板は錆は発生しないが、
 水が浸入することで腐食のリスクがある。

3.自然災害による劣化
 降雪地域では、屋根から雪が落ちる際に
 破風板(はふいた)が破損する場合もある。
 
ゲリラ豪雨やドカ雪の後は、鼻隠し、雨樋、破風板を点検しておくと安心です。
スポンサーサイト



リフォーム塗装相模原町田外壁屋根リプラスキャンペーン増税マンション塗料ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Add your comment