FC2ブログ
迅速かつ徹底した現場調査、施工後も安心なフォローで、地域に根ざして29年の相模原・町田のリプラス
ブログランキング・にほんブログ村へ 
           

シーリング材の種類⑤

0907.jpg

シーリングとは構造物の防水性や気密性、耐久性を保持するために、
継ぎ目や隙間に充填(じゅうてん)する材料の事です。
また、外壁・屋根のひび割れの補修、
部材の端末処理まで非常に広い範囲で使用されています。
このシーリング材にはいくつかの種類があります。

●ポリサルファイド
 変成シリコーン系程ではないが耐熱性がよく、
 表面にゴミ、ほこりが付きにくい特性があります。
 しかし、柔軟性があまり無いので、
 ムーブメントの大きい金属類への使用には適さない材料です。
 また、仕上げ材により塗料を変色・軟化させることがあるため、
 表面に塗装する場合には、汚染防止処理を行わなければいけません。

<主な使用場所>
・一般建築物の外装のタイル目地、サッシ廻りなど
・カーテンウォールや石目地等

<メリット>
・耐久性が良い
・表面にゴミ、ほこりが付きにくい

<デメリット>
・上に塗料を塗ると変色、軟化させる場合がある
・建物の追従性に弱い
・匂いが臭い
スポンサーサイト



リフォーム塗装相模原町田外壁屋根リプラスマンション増税消費税塗料ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment

Add your comment