FC2ブログ

国際平和デー

今日は、国連が定めた平和の記念日です。すべての国、すべての人々にとって共通の理想である国際平和を記念、推進していく日として、すべての国連加盟国、国連機関、地域組織やNGO、そして個人に対して、この日を適切な方法で祝うよう呼びかけています。国連が「国際平和デー」を最初に宣言したのは1981年です。従来、「国際平和デー」は毎年9月の国連総会開会日に制定され、開会式では各国代表がこの日を記念して1分間の黙祷を行...

「ぼたもち」と「おはぎ」

今日から、秋のお彼岸です。お彼岸とは、春分の日・秋分の日の前後3日間を含めた7日間の間(2019年のお彼岸は、春が3月18日(月)~3月24日(日)、秋が 9月20日(金)~9月26日(木))に、お仏壇やお墓に手を合わせて、先祖を供養する行事です。 一般的なお彼岸のお供えものは「ぼたもち」と「おはぎ」です。 全く同じものなのですが、春は牡丹(ぼたん)の花から「ぼたもち」、 秋は萩(はぎ)の花から「おはぎ」と季節の花の名...

ヒビ割れを見つけたら放置はNG!

スレート屋根のヒビ割れ【施工事例】相模原市中央区上溝 望月様邸 ・屋根補修工事・充填剤【担当者から一言】3年前に他業者で塗装工事をされましたが、棟のトタンがパカパカしている。飛ばされないか心配なので直したいと弊社に来店され、現場調査を行ったところ、屋根にも沢山の亀裂があることが分かり、応急処置として補修工事もさせていただき、お客様に安心していただけました。【ヒビ割れを見つけたら放置はNG】スレート...

光触媒機能で外壁の美観を長時間保持するトップコート

【施工事例】相模原市 S様邸 外壁・屋根塗装工事関西ペイントセラMシリコンアイカ ジョリパットクリーンマジック(光触媒トップコート)SKクールタイトシリコン 他【お客様の感想】雨漏りの原因究明に向けた積極的なご提案、調査をいただいたおかげで、原因を突きとめる事ができました。その対応に誠意、安心を感じ塗装工事もお願いした結果、施工いただいた職人さんも親切で選定した塗装色の変更提案をいただくなど、全てにおい...

新型DELICIA(デリシア)登場!

8月1日にリンナイ・ビルトインコンロのフラッグシップモデル「DELICIA(以下デリシア)」の3V乾電池タイプがフルモデルチェンジ!2007年の発売以来、好評なシンプルモダンなデザインや高度な調理機能をさらに進化させ、コンロ部とグリル部の両方で使える「ザ・ココット」を開発し、無水調理などの豊富なレシピを「デリシアプリ」からコンロに送信することで簡単にオート調理が可能。弊社ショールームにも展示いたしております。...

敬老の日

現在、敬老の日(けいろうのひ)は、毎年9月の第3月曜日と定められており、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」とされています。それまでは、曜日に関係なく「毎年9月15日」でした。ルーツは、戦後すぐの1947年(昭和22年)9月15日、兵庫県多可郡野間谷村が敬老会を催した「としよりの日」が、その後全国に広まり、「老人の日」への改称などを経て、1965年(昭和39年)に国民の祝日「敬老の日」として制定...

横浜音祭り2019 ~あなたに届く、あなたの音楽。

3年に一度、横浜で開催される、日本最大級の音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」を2019年9月15日(日)~11月15日(金)の約2か月間にわたって開催されます。「横浜音祭り」は3年に一度、横浜で開催される、日本最大級の音楽フェスティバル。国内外で活躍するトップアーティストによるオリジナル公演、子どもたちがプロのミュージシャンに学ぶワークショップ、週末ごとに街なかで様々な音楽が楽しめる参加型ステージなど、横浜が...

破風④

経年劣化は避けられない破風板。劣化が進んでしまう前に下記のような対策を行っておきましょう。1.塗装 どんな材質の破風板にも効果がある修理法、 塗装を耐水性や耐久性の高い塗料を選び定期的に施す。2.金属板金巻き 金属板金巻きは、ガルバリウム鋼板と呼ばれる金属板を 破風板に巻き付けることで耐久性を高める。 塗装のみの補修よりも防水性にすぐれ、 補修を行う回数を減らせるメリットもあり、 木質系の破風板(はふ...

十五夜

十五夜(中秋の名月)とは、旧暦では秋を7月~9月としており、「中秋」は秋全体の中日を意味し、旧暦8月15日のみを指します。現代では旧暦と暦の数え方が異なるため、年によって十五夜の日が異なりますが、およそ9月の中旬~10月上旬に訪れます。2019年は、今日、9月13日です。中秋の名月の祭事はもともと中国から伝わり、日本では、平安朝以降に貴族の間で盛んに催されました。月を見ながら酒を酌み交わし、船の上で詩歌や管弦に...

秋の七草

春の七草は、七草粥として食することで栄養摂取に用いられてきましたが、秋の七草は、花を見て楽しむものです。そのため、7種一緒に何かの祭祀などに使用されることはありません。秋の七草の特徴は見て楽しめるだけではなく、薬用など実用的な草花として、昔の日本人に親しまれたものが選ばれていることです。秋の七草が見頃を迎えるのは「6月~11月」です。夏真っ盛りの時期から花を咲かせるのに秋の七草という理由は、旧暦にあり...