FC2ブログ

相模原・町田の外壁屋根・水まわりリフォーム㈱リプラスのブログ

外壁屋根・水まわりリフォームのネタ帳+スタッフのつぶやき

シーリング材の種類①

シーリングとは構造物の防水性や気密性、耐久性を保持するために、継ぎ目や隙間に充填(じゅうてん)する材料の事です。 また、外壁・屋根のひび割れの補修、部材の端末処理まで非常に広い範囲で使用されています。 このシーリング材にはいくつかの種類があります。●シリコン  シリコンはコストパフォーマンスに優れており、 ホームセンターでも一般的に売られていますが、 シリコンを充填してしまうとシリコンオイルという 油...

秋の花粉症

春だけではなく秋にも花粉症があります。秋はキク科のヨモギやブタクサなどの花粉が飛びます。ブタクサは道路わきや公園、河川敷など、どこにでも自生している植物で、全国に分布しています。そこには、ブタクサだけでなく、ヨモギも自生していることが多いのです。ヨモギやブタクサは、春の代表的な花粉症であるスギやヒノキに比べ、 一般に花粉症として認知度が低いといわれていますが、近年増加傾向にあり、ヨモギは繁殖力が強...

ラグビーの日

今日は、ラグビーの日です。1823年8月24日に現在のラグビーの原型となるスポーツが誕生したことが由来。今年、2019年は、日本で、ラグビーワールドカップが開催されます。また、ラグビーワールドカップ2019では、全国の開催都市に、どなたでも無料で入場できる「ファンゾーン」が設けられます。ファンゾーンでは、大型ビジョンを使用した試合のライブ中継やラグビー体験コーナーなどのラグビーワールドカップ2019ならではのコンテ...

シーリング(コーキング)の役割

シーリング(コーキング)は、弾性に富んだ樹脂系の目地充填剤のこと。外壁材(サイディングボード、ALCパネルなど)は、工場で生産した建材を工事現場まで搬入し、躯体壁面に貼り付ければ外壁ができるので、コンクリートやモルタルを躯体壁面に塗る左官工事より、工法が容易で工期も短いことから、急速に普及していますが、外壁材は非常に堅いので、隙間を設けずに貼りつけると気温変化などによる膨張で外壁材が衝突し破損してし...

コーキングとシーリングの違い

「コーキング」と「シーリング」、どう違う?と思われる方も多いのではないでしょうか。【JIS K6800:1985「接着剤・接着用語」】では、下記のように規定されています。●シーリング材(建築用は、JIS A 5758で規定) 構造体の目地、間げき(隙)部分に充てん(填)して防水性、気密性などの機能を発揮させる材料●油性コーキング剤(建築用は、JIS A 5751で規定されていたが、現在は廃止) 展色材(天然樹脂、合成樹脂、アルキド樹...